デイサービスデイサービスの施設形態について

デイサービスとは

デイサービスとは、『通所介護』と呼ばれる介護保険サービスです。
在宅で介護を受けている高齢者が、デイサービスを行う専門施設に通い利用します。
利用者は、食事や入浴、レクリエーション、機能訓練などの介護サービスを受けて、日中の一定時間を施設で過ごします。
デイサービスは、家に引きこもりがちになってしまう高齢者の社交場となっており、定期的に外出することで生活リズムを作っていきます。
また、仲間たちとレクリエーションなどを通して体を動かし、楽しむことで気分をリフレッシュさせて、利用者のストレスを軽減させることもデイサービスの目的のひとつです。
さらに、在宅で介護をしている家族にとっても自由な時間を作れることは負担の軽減に繋がっています。
最近では、個別に合わせたリハビリテーションを受けられる機能回復に特化したデイサービスなど、様々な特徴を持つ施設が増えてきています。
「利用者が何を重視したいのか」によって、デイサービスを選ぶことが可能となり選択の幅が広がりつつあります。

デイケアとの違い

デイケアとは、『通所リハビリテーション』と呼ばれる医療系の介護サービスです。
言葉は似ていていますが、この2つのサービスには大きな違いが2点あります。

1点目の違いは、デイケアは運営主体が決められているということ。
デイケアの運営主体は病院、診療所、介護老人保健施設など、厚生労働省により定められています。
一方、デイサービスの運営主体に決まりはなく、基準を満たせばどなたでも開設することができます。
2点目の違いは、デイケアには医師が常駐することが義務付けられているということです。
デイケアは、怪我や病気でリハビリテーションが必要な方が対象となり、医師の指示のもと理学療法士や作業療法士、言語聴覚士がリハビリテーションを行います。
さらに、リハビリテーション以外にもオプションを追加することで、食事や入浴などのサービスを受けることも可能です。
上記のオプションを付けられることから、2つの施設を混同してしまいがちですが、それぞれの役割として、デイサービスは『介護』、デイケアは『機能回復を目指したリハビリテーション』に分かれています。

デイサービスでの仕事内容について

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の仕事内容は、前述したように食事や入浴、レクリエーションなど、施設で過ごす間の介護業務がベースです。
そして、デイサービスで行うリハビリテーションは、回復期や維持期の方に向けて生活の質を向上させるということが目的となります。
それぞれのリハビリテーション業務例がこちらです。

理学療法士:立つ、歩くなどの日常における運動や動作のリハビリテーション
作業療法士:箸で食べ物を掴む、身体を洗う、字を書く、掃除をするなど、日常生活で行う動作のリハビリテーション
言語聴覚士:話す、食べることに関してのリハビリテーション

デイサービスには、リハビリテーションに特化した施設や認知症に対応している施設、アミューズメントに特化した施設など、様々な特徴があります。
そのため、入職する施設の特徴によってリハビリテーション業務と介護業務の割合や、業務内容は異なります。

デイサービスの規模は、小規模なものから大規模なものまで様々です。
小規模デイサービスでは介護を基本としており、大規模視施設と比べて設備の質や業務範囲は限定的ではありますが、一人一人に寄り添い楽しみながらリハビリテーションを行えます。
大規模デイサービスの場合は、リハビリテーションに特化している施設が多く設備も充実しているため、個人に合わせたメニューで機能訓練を行うことが可能です。
デイサービスの施設を選ぶときは、自分自身がどんな働き方をしたいのかを考え、施設の特徴と合致する施設を選びましょう。

新着求人メール