地域のみなさまの安心のために

2020.05.15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作業療法の臨床実践、教育、研究及び管理運営に関する一定以上の能力を有する作業療法士を日本作業療法士協会が認定したものが「認定作業療法士」。
病院やデイケア、訪問リハなどの様々な職場経験と小児から身障・老年期患者さんへの作業療法実践の経験を活かし、管理運営だけでなく後輩指導や治療活動に取り組んでおられる東大阪病院リハビリテーション部・部長の野洲洋子さんです。

Q1 東大阪病院のリハビリテーション部について規模・雰囲気を教えてください。
「風通しのよい職場を目指しています」

東大阪病院のリハビリテーション部について

現在、PT34名・OT18名・ST9名・合計61名が在籍しています。
雰囲気としてはリハビリ部全体がアットホームだと思います。働きやすい環境に力を入れ、教育や相談のできる体制を整え、情報交換やコミュニケーションを大事にしています。
スタッフの人数が多い為チーム制をとっています。主任達を中心に『こういう事で悩んでいる』『こういう事を頑張っている』『いつもと様子が違う、気になる』といった情報は常に交換できるようにしており、複数人でチームを支えるという環境づくりに力を入れています。
また、患者さんからも挨拶や声掛けがしっかりできているね。とのお声を頂いており、明るい雰囲気で訓練を提供できるよう取り組んでいます。
リハビリテーション部だけではなく、病院全体としても風通しのよい職場を目指しており、職員間での意見交換、他職種との情報共有も活発におこなっています。

Q2 リハビリテーション部の強みについて
様々な疾患の患者さんに対して勉強ができるところ

リハビリテーション部の強みについて

一番の強みは、急性期・回復期・緩和ケア・在宅と幅広い疾患の患者さんに対して、勉強ができるところです。
在宅復帰をキーワードに『家に帰られたその日から、患者さんが困らずに生活できるリハビリテーションの提供』に力を入れています。

①病棟別に様々な疾患が経験できる

急性期病棟では、整形外科疾患の手術前から手術後・呼吸器・循環器・透析の患者さんへのリハビリテーションをおこなっております。回復期リハビリテーション病棟では、整形外科疾患・脳血管疾患のかかわりをおこなっています。
特に圧迫骨折や大腿骨頸部骨折だけではなく、脊椎の手術を行われた方や、ひざの人工関節の術後の患者さんの受け入れも増えてきております。緩和ケア病棟では、終末期の患者さんへのリハビリテーションを実施しています。また、外来や在宅へのリハビリも提供しております。

②急性期から在宅までシームレスなリハビリ

『急性期病棟・緩和ケア病棟・外来』と『回復期リハビリテーション病棟』でチームを分けており、急性期から在宅までシームレスなリハビリを行っていることから同法人で将来のビジョンが立てやすいところも東大阪病院の強みの一つとなっています。
また、チーム異動の相談にものるようにしており、できる限り希望は聞いていきたいと思っています。もちろん、全体のバランスもあるので絶対にという事ではないですが。
リハビリ部全体で長く働ける環境は整っていると思います。

③勉強会・外部勉強会の補助

豊富な勉強会も強みと思っています。
技術を向上されたい方・学術的な発表をしたい方には応援できるという仕組みがあります。
近年では世界中から参加される国際学会にも何名かで参加し、私自身、非常に勉強になりました。また、外部勉強会には別途手当が支給されています。1年目から使用できる研修費制度を平成28年度に新設し、さらに学べる環境を整えました。

④オンオフについて

オンオフの切り替えはしやすいようにしています。
働いてばかりであれば心身共に疲れてしまうので、休みはしっかりと取得して頂いて仕事に集中できる環境を整えていますね。有給消化もほぼ全員99%は取得しています。もちろん休む際は患者様へご迷惑のかからないようにはしています。

Q3 求める人材はどのような方ですか?
一生懸命さや素直さを持っている方

求める人材について

・患者様や家族様に対し一生懸命に取り組める方。
・成長過程で改善への努力をおしまない方。
・素直で吸収できる方。
上記の方と一緒に働きたいと思いますね。経験がない方でも不器用な方でも経験を積めば成長できると思いますが、一生懸命さや素直さは努力では得られるものではないと考えています。
東大阪病院が求める人財としては人間性を重要視しています。

インタビューを終えてアドバイザーより一言

東大阪病院はリハビリ部全体で働きやすい環境を整えていっている、『人と人とのつながりを大事にしている』と感じました。
また、セラピストは勉強していくうえで目指す先が変わっていく方が多い中、急性期~在宅まで経験できる事は非常に魅力だと思います。リハ部長・野洲様の気さくなお人柄のおかげで様々なお話しができ、芯の通った仕事観や将来の明確なビジョンをお聞きする事ができました。PTOTST WORKERアドバイザー一同、これからも頑張りますので宜しくお願い致します。

東大阪病院について、少しでも興味を持たれた方は
こちらからお問い合わせ・ご応募可能です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加