理学療法士の初任給事情!中途採用はいくらもらえる?-PTOTST WORKERR

理学療法士の初任給事情!中途採用はいくらもらえる?

理学療法士として転職を考えた時に、気になるのは転職後の初任給ですよね。
今の施設でせっかく数年勤務し、わずかでも能力給が上がっていた場合、次に就職する施設でまた1年目の給料からスタートすることを考えると、「給料が下がるくらいなら今の職場で我慢しよう」と転職を躊躇してしまう人もいるかもしれません。
ここでは、PT OT ST WORKERが調査した理学療法士の初任給事情をまとめています。
新卒採用と中途採用で異なる初任給の支給額や、給与アップの方法についてチェックし、自分にとって“転職”が正しい判断なのかを見極めましょう!

新卒採用と中途採用の初任給を比較

理学療法士 新卒採用と中途採用の初任給比較グラフ

専門学校もしくは大学を卒業後、新卒採用で就職した場合の理学療法士の初任給は23.5万円程度といわれています。
新卒採用の場合、ほとんどの施設が同業施設の初任給水準に応じて基本給を設定します。
入職時点では経験や能力に差がないと考えられているため、同期入社の理学療法士はみんな同じ給与からスタートするのが一般的です。
一方で中途採用の場合は、ある程度給与に幅を持たせることができる場合もあります。
もちろん施設によって給与の設定基準は様々ですが、採用時の年齢や学歴、職務経歴や前職での役職、保有している資格など、能力を踏まえて初任給の額面を決定する施設も少なくありません。

厚生労働省の統計データによれば、25〜29歳で3〜4年の業務経験がある理学療法士の平均給与は25.3〜25.5万円程度。
さらに、30〜34歳で6年程度の業務経験がある場合の平均給与は26〜27万円程度という結果が出ています。
よって年齢や業務経験が考慮される場合、中途採用で入職した際の初任給は、新卒採用より2〜3万円ほど多くなる可能性も十分考えられるのです。

初任給から給与アップを狙うには

新卒採用で就職した場合と違って、はじめから年齢や経験を考慮して初任給が設定された場合、給与アップは難しいのではないかと不安に思う方もいるでしょう。
しかし、理学療法士の仕事は、上位資格の取得や管理職に着任することで給与を上げることが可能です。
転職を希望する人の多くは、現状の給料に不満を感じています。
認定理学療法士や専門理学療法士など「取得が難しい」と言われている資格は、取得者数が少ないため、他の資格よりも手当が優遇される場合も考えられます。
キャリアアップを積極的に後押ししてくれる施設へ転職し、在籍しながら資格取得に挑戦するのも給与アップの方法の一つと言えるでしょう。

自分に見合った初任給をもらうために

新卒採用と中途採用の初任給についてご紹介しましたが、実際の支給額や待遇は、施設によって異なります。
しかし、転職するなら「今より好条件な職場であること」は絶対条件ですよね。
転職を希望している施設の初任給、待遇など、自分一人ではなかなか調べきれない内容も、ぜひ一度PT OT ST WORKERにご相談ください。

あなたにとって“良い転職”になるようにお手伝い致します。