徹底分析!作業療法士の初任給事情-PTOTST WORKERR

徹底分析!作業療法士の初任給事情

作業療法士として就職・転職する際「初任給はいくらもらえるのか」「今後の給与アップは期待できるのか」など、給与面については事前に把握しておきたいところ。
しかし、他の医療従事者に比べ作業療法士の人口は未だ少なく、詳しいデータを探すのに苦労している方も多いのではないでしょうか。
今回PT OT ST WORKERでは、作業療法士の初任給、給与アップについて徹底的に調査を行いました。
その結果をまとめましたので、さっそく見ていきましょう!

作業療法士の初任給はいくらもらえる?
年齢別で比較!

まずは、厚生労働省が出したデータを参考に、自社調べで算出した作業療法士の初任給の金額をグラフにまとめましたのでご覧ください。

作業療法士の初任給 年齢男女別グラフ

作業療法士の初任給は学歴によって多少の変動はあるものの、厚生労働省の統計データによれば新卒採用の場合、男性は23.5万円程度、女性の場合は22.8万円程度という結果が出ています。
専門学校、または大学を卒業後すぐに就職した先では“医療・介護業界”は未経験という認識になるため能力給や資格手当がつかない場合がほとんどだからです。
しかし、学校を卒業後、他の施設で経験を積んで“転職”した場合はどうでしょうか。
前職での頑張りや成績がまったく考慮されず、転職後「また社会人1年目と同じ給料で働かなければいけないのでは?」と思っている人が多いのですが、それは誤りです。
もちろん施設によって規定は様々ですが、大半の施設が過去の業務経験や学歴、年齢を考慮して初任給を設定しています。

転職先の初任給が
今の給料を上回ることはあるのか

転職後の初任給にいくら年齢や能力が考慮されるといっても、評価給は勤続年数を重ねていくなかで積み上げていくもの。
「さすがに今貰っている給料を上回ることはないだろう」と感じている人もいるでしょう。
転職を希望する人の多くは、現状の給料に不満を感じています。
それなのに、転職を機に給料が下がってしまっては本末転倒ですよね。
しかし、ご安心ください。転職先の初任給が、今あなたが貰っている給料を上回るのは珍しいことではありません。 その理由もご説明しましょう。

転職のプロによるサポートを受ければ、
転職先との交渉も可能!

転職のプロによるサポート

転職活動を行っている人の行動パターンは大きく分けて二つあります。
まず一つは、自分自身でネットやフリーの求人誌から転職先を探すパターン。
そしてもう一つは、ハローワークや人材紹介会社などに従事するプロのサポートを受けて転職活動を行うパターンです。
後者の場合は、自分と施設の間に仲介役としてキャリアアドバイザーが入ってくれるので、直接は言いにくいような給与面や待遇の交渉もしやすくなります。
あなたの今までの経験や、積み重ねてきた実績に見合った給料設定を行ったうえで転職できるので、今の給料を転職先の初任給が上回ることになるのです。

もし今、自身が置かれている環境を少しでも変えたいと思っているなら、ぜひ一度PT OT ST WORKERへご相談くださいね!
あなたの希望条件に合った転職ができるよう、全力でお手伝いさせていただきます。