訪問リハビリ訪問リハビリの施設形態について

訪問リハビリテーションとは

訪問リハビリテーションとは、患者さんの主治医が「訪問リハビリテーションサービスの利用が必要」と認定した方を対象としたサービスで、看護師や理学療法士など主治医の指示に合わせて専門家が患者さんの自宅に訪問し診療の補助やリハビリテーションを行います。
このサービスは主治医が認めれば誰でも使える訳ではなく、条件があります。

その条件は、患者さんが要介護認定(1~5)に認定されていることです。
患者さんが40歳~64歳の時は追加条件で、要介護認定に認定された原因が16種類の特定疾病であることです。
要支援(12)の方は訪問リハビリテーションの対象外で、介護予防訪問リハビリテーションの対象になります。

訪問リハビリテーションでの業務

訪問リハビリテーションで働く理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の基本的な業務は、日常生活のリハビリテーションです。
具体的には、
・食事や着替え、トイレなどのリハビリ
・自宅の中や、自宅周辺での歩行リハビリ
・家事動作のリハビリ
・患者さんの御家族に対する介助方法の指導
などが主な業務です。

以前は訪問リハで行ってきたのは機能や動作機能の維持でした。
しかし、昨今の高齢者医療の考えや診療報酬の改定などで訪問リハには機能改善・機能向上の面でも期待がかかっています。
特に急性期から退院されて訪問リハを受ける方にとっては、POSが行うリハビリ次第で大きく回復する余地があります。
訪問リハビリテーションで行うのは病院での短期間リハビリとは違い、中長期的なリハビリになります。
このことによるリスクは患者さんやそのご家族とでリハビリの目的(ゴール地点)で齟齬が出てしまわないかどうかです。
中長期的だからといってリハビリプログラムを疎かにせず、患者さんやご家族だけでなく担当医師とも話し合いながら定期的に目標を見直していくことになります。

訪問リハの職域はまだまだ未開拓なのは事実です。
働いている理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の人数も多くはありません。
ただ、訪問看護や訪問介護と同じで訪問リハも増えていくことでしょう。

もし訪問リハビリテーションで働きたい場合は、PTOTST Workerにお任せ下さい。

新着求人メール