特別養護老人ホーム特別養護老人ホームの施設形態について

そもそも高齢者施設とは

高齢者施設、法律上では老人福祉施設とされており、特別養護老人ホームや老人福祉センター、デイサービスセンターなどが当てはまります。
この中でもよく見聞きするのは、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)でしょう。
介護老人福祉施設を簡単に言い表すと、身体または精神に著しい障害があり常時の介護が必要だが、居宅での生活を維持することが難しい要介護者の日常生活の世話や、機能訓練を行う施設。
名前が似ている「介護老人保健施設」は、介護を必要とする点では介護老人福祉施設と同じですが、目的は居宅での生活に復帰すること。でありその意味は大いに違います。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士はこの施設で機能訓練をすることが基本業務になります。

高齢者施設での基本業務

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士での基本業務は他の施設と同じようにリハビリすることです。
ただ、老人施設ですのでリハビリを受ける人は急性期病棟や回復期病棟でも回復しなかった、回復に時間がかかっている状態の方になります。
ですので、ここでのリハビリの目的は、回復できればとても良いのですが、これ以上悪化しない為の機能維持がメインになります。
病院などの医療施設との違いでいえば、高齢者施設に所属するリハビリスタッフはとても少ないことです。
医療施設ならば何人か所属しているような人数でも、高齢者施設では1人。なので入所者さん1人1人をリハビリできる時間がとても限られてしまいます。
そこで理学療法士などは、他の介護士さんなどのスタッフさんにリハビリのお手伝いをしてもらうことになります。
病院などでは医師や看護師とのチーム医療を行っていますが、高齢者施設でも介護士や看護師さんとのチームプレイが大事になります。
高齢者施設でのリハビリは維持が基本になるので、単純にリハビリを行ってきた方には正直物足りないかもしれません。ただ、高齢者施設に来た方は急性期や回復期でも回復できなかった方でもあります。
高齢者施設でこの方達が回復して退所できるのならば、リハビリを行うものとして最大級のスキルを持っていることの証明にもなります。急性期ではリハビリよりも自然治癒での回復も普通だからです。
そんな回復に向かうには難しい状況下での勤務もやり甲斐として考えてみてはいかがでしょうか。

新着求人メール