有料老人ホーム有料老人ホームの施設形態について

有料老人ホームの種類

一口に有料老人ホームといっても種類があります。

・健康型有料老人ホーム
介護保険を必要としない自立して生活ができる高齢者用の住居です。
元気で一人でも生きていけるけど万が一の時のために、と入られます。
リハビリなど一切ありませんし、介護が必要になると出ていかなければなりません。

・住宅型有料老人ホーム
要介護認定を受け介護を必要としている方だけではなく、介護認定を受けていない方も入居できる老人ホームです。
介護を必要とする方が入居していますが、介護スタッフは常にはおらず訪問介護、訪問リハビリの形で老人ホームに来てもらうタイプです。

・介護付有料老人ホーム
一般的に老人ホームと総称される施設です。
特徴としては、要介護認定を受けて介護保険を必要としている方だけが入れる老人ホームです。
他の老人ホームと違い介護スタッフは常駐しており、このスタッフとして理学療法士や作業療法士も含まれます。

老人ホームで行うリハビリについて

さて理学療法士や作業療法士が老人ホームで行うリハビリは、病院での維持期と同じようなリハビリになります。
病院に入院しているわけではありませんし、老人ホームは生活施設です。
入居している方達にはQOLの向上を目指したリハビリを行うことになります。
なかにはより上を目指したいという方もいますので、そのような方は医師と相談のうえリハビリを行います。

また、病院のような個別リハビリテーションを行う以外に、集団でのリハビリテーションを行ったりもします。
レクリエーションとしての側面も含めることでキツクてやりたくないと思ってしまう入所者さんにも皆でやればちゃんと出来たりしますし、それが会話の切っ掛けにもなったりしますので、集団リハもとても大事な要素になっています。
ただ、入居している方には要介護認定が高く寝たきりに近い方もいます。
そのような方も少しでも動けられるようになるには、機能訓練指導員を取得した看護師には無理でリハビリの本職である理学療法士が求められています。

新着求人メール