病院(回復期)病院(回復期)の施設形態について

回復期とは

急性期を経て身体が回復に向かう期間です。
回復期のリハビリの目的は、ケガをするまえの状態に戻り社会復帰をすることです。
そのため、理学療法士や作業療法士にとって回復期のリハビリはその後の生活に直に関わりますのでとても大事な期間です。

仕事内容について

基本的な業務として、患者さんの状態を確認しつつ理学療法士は急性期リハビリでの基本運動訓練から、リハビリテーション室での運動療法(マット運動、ボール運動、体育器具を使った運動)を行うことになります。
急性期リハビリでまだ立つことが難しい方や、障害が残り車椅子での行動が必要になった方は、この回復期リハビリで車椅子の使い方を学んだりしていきます。
理学療法士が運動系のリハビリをする傍ら、作業療法士は連携しながら精神的ケアを含めたリハビリを行っていきます。
脳血管障害からのリハビリでは理学療法士の運動療法、作業療法士の作業療法に加え、言語聴覚士の口蓋リハビリも重要になります。

家屋評価について

ある程度リハビリが進み、退院が見えてきた方に対して回復期リハビリでは家屋評価を行うことがあります。
これは完治して退院する方には不要ですが、回復期での治療限界に達したが一定の障害があり維持期リハビリが必要な方に対して理学療法士と作業療法士は家屋評価を行います。
家屋評価は患者さんの住まいに向かい、その住まいが患者さんにとって生活するのに問題はないのか、問題があればどうすれば解消できるのか、その評価を行います。
例えば、車椅子生活をするのに生活導線に段差があるとそれは生活障害になりますので段差を無くす工事をする。階段の上り下りに不安が残るので手すりを付けることなどです。

また回復期のリハビリは急性期のように毎日新しい患者さんが増えるようなことはなく、患者さん一人一人を長時間診ていけますので理学療法のスキルを存分に発揮したい方にお勧めできる分野になります。

新着求人メール