整形外科整形外科の施設形態について

仕事内容について

理学療法士や作業療法士が働いている施設でまず思いつくのは病院でしょう。 その次に思いつくのはこの整形外科クリニックではないでしょうか?

そもそも整形外科とは、人体の運動器官(骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経)などの病気やケガを扱う医学です。
その整形外科で行う治療目的は運動機能の回復であり、ここに理学療法士や作業療法士が関係しています。
勿論、整形外科はリハビリだけをしているわけではありません。
医師が行う手術にも関与しています。
手術自体は医師がしますが、術後のリハビリからは医師や看護師と連携して理学療法士や作業療法士が行います。
以前は早期からのリハビリは無かったのですが、数々の臨床研究により早期にリハビリをすることの重大性が確認されています。

整形外科の特徴

一般的に理学療法士のリハビリは身体の基本動作に関するリハビリ、作業療法士のリハビリは応用動作に関するリハビリです。
なので理学療法士が動作に関するリハビリ、作業療法士が身体に関するリハビリをすることは、ふつうはありません。
ただ、その例外が起きるのがこの整形外科です。

整形外科では作業療法士にも身体的リハビリが求められます。
その理由として整形外科に訪れる患者さんに特徴があるからです。
整形外科(病院、クリニック)に訪れる患者さんの多くはスポーツでの怪我です。
怪我の種類としては捻挫や打撲、骨折などが多く総じてスポーツリハビリテーションと呼ばれています。
このスポーツリハビリは怪我をした患者さんが再度スポーツに復帰出来るように身体的リハビリを施します。
なので元々専門家である理学療法士さんは兎も角、普段は行わない作業療法士も身体的リハビリを行うことになります。

理学療法士・作業療法士に求められること

理学療法士や作業療法士は元々単独で動くことは少なく、何らかの他職種と連携して仕事を行うことが多いです。
医師はそもそも医師から指示が無ければ理学療法士や作業療法士は動くことはできませんので切っても切れない繋がりですが、整形外科クリニックでは他施設ではあまり見られない柔道整復師が同僚で居る場合があります。
柔道整復師も国家資格でありリハビリのスタッフですが、理学療法士や作業療法士が行うような治療行為は行なえず、患者さんの治癒力を高める治療(整復やギプス)を行います。

整形外科で働くときは総合病院では味わえないほどの患者さんに対応していくことになりますので、経験をたくさん積みたい方やスポーツ医療に興味のある方におススメです。
お仕事を探すときはPTOTSTワーカーにお任せ下さい。

新着求人メール