病院(維持期)病院(維持期)の施設形態について

維持期とは

別名生活期とも呼ばれる期間で、患者さんが行っているリハビリが急性期や回復期の様に回復するのではなく、生活を維持向上する為の時期というのが元々使われていた由来ですが、現在はQOLを改善する期間の意味で使われています。

仕事内容について

回復期までに行ってきたリハビリを行いつつ、実生活に役立つこともリハビリすることで出来ることを増やしていきます。
この維持期リハビリと同じ意味で通所リハビリを挙げる方がいますが、その意味は違いますので注意が必要です。
そもそも、維持期リハビリは医療保健を使ったQOLの向上を目的としていますが、通所リハビリは介護保険を使い日常生活を自立して過ごせれるようになることを目的としています。

患者さんに対して理学療法士や作業療法士が行う維持期リハビリは、上記のとおりQOLを改善するリハビリですので各患者さんによって全く違うリハビリになります。
例えば台所に立って料理を作るのだって作業療法の維持リハビリになりますし、近くのスーパーに御買い物に行くのも理学療法の維持リハビリです。
回復期のころに行っていたリハビリもしますが、その患者さんが行っていた実生活に繋がる行動を維持期リハビリで改善することも、この時期のリハビリには必要とされています。

維持期リハビリを受ける患者さんとは?

維持期リハビリを受ける患者さんは何も病院などを退院した方ばかりではありません。
リハビリに期間がかかり、退院には時間が必要で病養型病院に転院した方も維持期リハビリを行います。
この場合はまずベッドから出られるようなリハビリを行い少しでも動けられるように、立ち上がれる方には移動ができるようにと少しでも生活の質が改善するようにリハビリを行います。

維持期リハビリの難しい点

維持期リハビリを理学療法士や作業療法士が行う中でどうしても難しい点が出てきます。
それは急性期や回復期のようにリハビリの時間を作ることができない点です。
これは自宅に戻っているからなのが主な理由です。そのため、病院でのリハビリ以外にも自宅で出来るリハビリを患者さん自身にしていただく必要があります。

回復期のような誰が見ても明らかな回復は見えてこない維持期ですが、それでも回復する方はいます。
それは理学療法士や作業療法士の質が良いことの証拠でもありますので自分のスキルを磨きたい方にはオススメできる医療施設です。

新着求人メール