介護老人保健施設介護老人保健施設の施設形態について

そもそも老人保健施設って何?

介護老人保健施設とは、何らかの病気や障害などで、急性期病院と回復期病院で治療は受けたが、自力で生活できる状態までには回復できなかった方が、生活できる様に回復することを目的に作られた医療施設です。
老健や老人保健施設と呼ばれることも多いです。

介護老人保健施設は介護老人施設ではないので、3ヶ月毎に入所継続か退所かの判定が行われます。
このため介護老人施設よりも医療スタッフの配置基準が高く、介護報酬も高くなっています。
診療報酬改定でも国の医療方針は在宅医療を中心にする方向になっており、そのコアとなる介護老人保健施設はこれからも増えていくことでしょう。

老健での勤務について

介護老人保健施設での理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の役割は利用者に対する評価とリハ計画の作成、専門的リハの提供、介護職も含めて実践する生活機能向上プログラムの指導を行います。
これだけだと病院と同じように見えますが、病院は急性期・回復期ですが、老健は維持期を行います。
この維持期、名前だけでは何もしないというイメージがありますが、リハビリにおいてはそんなことはありません。
POSの職業に就いているもので、維持期リハが出来ない人はプロではないと言われます。
急性期は自然治癒力によるものが大きくリハビリに頼らなくても結果が出ます。
しかし維持期ではそんなことはありません。
だからこそPOSのリハビリが問われるのです。

介護老人保健施設では、施設の規模にもよりますが最低でも2名。大きい施設では6名以上働いていることもあります。
介護老人保健施設では理学療法士や作業療法士、言語聴覚士は中心となる戦力なのです。
介護老人保健施設で働くことに躊躇している方が居るのは事実です。
ただ、老健で行う維持リハビリが出来ないPOSはプロではないと言われているのも事実です。
急性期や回復期では治らなかった方が、維持期で治せた時の達成感は病院勤めでは得られません。
病院だけではなく介護老人保健施設もスキルアップの施設に選んでみませんか?

新着求人メール