デイサービスデイサービスの施設形態について

仕事内容について

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士はデイサービス(通所介護事業所)でその力を発揮することもあります。
主なリハビリ業務としては、理学療法士は立つ歩く掴む等の基本動作リハビリ。
理学療法士は箸で食べ物を掴む、字を書く、家事をする等、日常生活に近いリハビリ。
言語聴覚士は、話す物を食べるなどの口腔機能リハビリを主に行います。

言語聴覚士のリハビリは病院で行っているものと大きく変わりませんが、理学療法士や作業療法士がデイサービスで行っているリハビリは、急性期病院の行っている退院に繋がるリハビリではなく回復期、維持期の様なQOL向上を狙うリハビリに近くなっています。
これはデイサービスを行っている施設の規模が大きく関わっています。
デイサービスを使用する方の多くはレクリエーションや入浴・食事をするために訪れるため施設装備もそこを基準にしている所が多いためです。
ですのでデイサービス施設でも大きな施設所ではリハビリ用の器具を潤沢に用意している所もあります。
このような施設では上記の基本的なリハビリに加え、患者さん用に個別の機能訓練を行っています。
このように各患者さんに対して個別のリハビリを行うデイサービスをデイケア(通所リハビリテーション)と呼ばれています。
または、リハビリ特化型デイサービスと言っている場合もあります。

デイケアとデイサービスの違い

デイケアとデイサービスの違いは、リハビリを何処までするのかになります。
デイサービスでは立つ、歩く等の基本動作を主体とするリハビリですが、デイケアでは日常で生活するのに役立つリハビリを行っています。
そのため、デイサービスのリハビリでは看護師や介護士でも出来るレベルですが、デイケアでは理学療法士や作業療法士といった専門職でないと出来ません。
デイサービス、デイケアで働くときに気になるのが送迎業務があるのかないのかです。
理学療法士さんは送迎業務は無いという施設が多いですが、絶対にないわけではなく送迎業務をしている方もおられますので、その施設に聞いてみるのが一番良いでしょう。
PTOTSTワーカーでは医療従事者に代わって各施設に問い合わせも行っていますので、頼ってくださいね。

新着求人メール